〜シンプルで的確に伝える〜

⾃分の意図を伝えるためには、わかりやすい内容と、内容に⾒合った表現⼒が必要です。

わかりやすい内容にするためには、思考の整理と的確な⾔葉を使う練習をします。

また、内容に⾒合った表現⼒を⾼めるためには、ズレの矯正、つまり⾃分の思った通りに顔や体を動かす練習を⾏います。

表現のための3つのスキル

①⾁体の表現⼒

  • 表情筋
  • 声(声帯、呼吸法、⾆)
  • ⾝体コントロール

②思考の表現⼒

  • 固定概念を外す
  • 感情と事象を分けて考える
  • 情報処理⼒

③⾔葉の表現⼒

  • ⾔葉使い
  • ⽂章⼒